運送業の場合は信頼関係をユーザーと築く必要がある

運送業の場合は、最終的なユーザーとドライバーが直接接するようになります。

そのため、どのように最終的なユーザーとコミュニケーションを取っていくかについて検討することは、非常に大切な課題です。

運送業というのは、無形財という運送というものを売っているサービス業です。

姿がない商品をサービスしているため、ユーザーはドライバーのサービスを知覚的に受け取ります。

そのため、サービス業の場合は、最終的なユーザーと接するドライバーが大切になります。

サービス業の場合は、基本的に、サービスする従業員がユーザーと接します。

そのため、ホテルや飲食店の店員の応対が良くないと、クレームがその応対にあります。

応対の仕方によっては、そのサービスを二度と買ってくれません。

運送の場合でも同様に考えると、ドライバーの応対が良くないとクレームになり、取引を失うようにもなりかねません。

そのため、トラック運送の業界においては、ドライバーが顧客に応対する際のトレーニングを行う必要があります。

例えば、受け答え、挨拶、外観、言葉遣い、ふるまい、配慮、提案などから、安心感をユーザーに与えられます。

また、不快感をユーザーに与えない、クレームが起きない応答のみでは十分ではありません。

信頼関係をユーザーと築いて、顧客満足度をサービスを通じてアップする必要があります。