運送会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で配車表や請求書発行業務などの維持管理に。

運送業ではドライバーの役目が大切である

運送業においては、ドライバーの役目は大切です。

運送業の場合は、普段ドライバーが直接顧客と接します。

そのため、普段のドライバーの態度や振る舞い、応対などが非常に顧客満足度を左右します。

顧客満足度はドライバーによって決まります。

運送業者のイメージをユーザーに聞くと、ドライバーのイメージをユーザーは話します。

また、要望や不満をユーザーに聞くと、ドライバーの態度をユーザーは話します。

自分の会社に好意的なユーザーを訪問すると、ドライバーを「いつもよく対応してくれる」と褒めます。

ユーザーとしては、運送業者というのはドライバーであると思っています。

多くの接点がユーザーとあり、顧客満足度に対して大切な役目を持っているのは現場のドライバーです。

そのため、ユーザーに対するドライバーの意識をアップする必要があります。

80対20の法則では、上位2割のユーザーによって、全体の約8割の企業の収益がもたらされます。

この収益の8割をもたらしてくれるユーザーに対して、ドライバーが普段の応対を行っています。

ドライバーというのは、ものを単に運送する人ではありません。

運送業のドライバーは、ユーザーサービスの充実と提供が必要であり、会社の利益にこの結果が直結する、非常に大切なものです。

ドライバーそのものが、ユーザーサービスを行うという意識を持つ必要があります。

お客様の声 開発者インタビュー

> こまやかブログのトップへ戻る  > ウェブサイトのトップページへ戻る