運送会社向けシステムのパッケージソフト。低価格で配車表や請求書発行業務などの維持管理に。

運送業をIT化することによるメリット

やり取りを倉庫業者と行っているネットショップの場合は分かるでしょうが、運送業者と連携する場合は、非常に時間と手間がかかります。

非常に時間と手間がかかるというのは、非常に間違いや漏れが起きる可能性が大きくなります。

間違いや漏れが起きると、ネットショップの顧客が希望しているようなサービスができない、というようになります。

そのため、運送業には多くの人が関係しているので、運送業をIT化して、業務をスムーズに進めることが必要です。

例えば、ネットショップのクライアントがいない場合には、運送業者からファックスが送られてくる場合があります。

これまでは、ネットショップのクライアントへ運送業者からファックスを送って、クライアントはこのファックスを見ながら、ネットショップの顧客へ電話を掛けたりメールを送ったりしていました。

しかし、IT化が進むことによって、システムで自動的に判断して、すぐにシステムからメールを正確にネットショップの顧客に送ることができるようになります。

メールを正確にネットショップの顧客にすぐに送ることによって、返品率を低下することもできます。

返品率を低下することができると、ネットショップの費用を低減することもできるようになります。

運送業をIT化することによって、このようなメリットがあります。

お客様の声 開発者インタビュー

> こまやかブログのトップへ戻る  > ウェブサイトのトップページへ戻る